2016年12月30日

うつ病との違いは?気分反応性が特徴の「非定型うつ病」

 うつ病の中の一型という位置づけにある疾患ですが、その症状の

特徴はうつ病と大きく異なる非定型うつ病。基本的には抑うつ気分

が優勢なのですが、楽しい事や嬉しい事があると、とたんに気分が

改善するという特徴があり、他人からどう見られるかを気にし、他

人の顔色をうかがう性格傾向がある人が多いようです。


※詳細はこちらから















posted by 情報インベスター mitsutomi at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(障害、認知症、精神疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック