2017年04月14日

オウムやインコなど鳥のふんを介して感染する「オウム病」

 人と動物がかかる感染症であるオウム病は、「クラミジア・シッタシ」という

細菌に感染した鳥のふんなどを吸い込むことで人にもうつる可能性があります。


 インフルエンザに似た症状のため誤診のケースも多くあり、診察時に「鳥と

接触があったかどうか」を医師に伝えることが重要です。



※詳細はこちらから
















posted by 情報インベスター mitsutomi at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(病気・ストレス・疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449005449

この記事へのトラックバック