2017年07月04日

日本に上陸してしまった強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」の恐ろしさとは?

 スズメバチと同じくらい強力な毒を持つとされる南米原産の赤茶色の小型

のアリであるヒアリは体長は2.5mm〜6mmで、ネズミや爬虫類などの小さな生

き物なら、集団で食い殺してしまうほどの攻撃性を持っています。


 また人が刺されると、体質によっては呼吸困難などの急性アレルギー反応が

起きるなど危険視されています。


※詳細はこちらから












posted by 情報インベスター mitsutomi at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

冤罪で人生が狂わされている…再審決定の重さと責任

 刑事訴訟法435条は、無罪を言い渡すべき新たな証拠の発見などを

再審の要件としています。再審が行われる背景には捜査当局が描く筋書

きに沿って、自白を強要してでも起訴に持ち込むという強引なやり方が後

を絶たないことがあります。

 裁判所が判断する難しさも痛感させれますが、無実の罪を着せられた人

への罪は重い。


※詳細はこちらから
























posted by 情報インベスター mitsutomi at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

自らの首を絞めることにならないか?JASRAC、音楽教室からの著作権料徴収問題

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室などで楽曲を使用する際にも

著作権料を徴収する方針を決めたことで、反発の声が強くなっています。


 徴収すれば著作権切ればかりになってしまい、子供たちが流行りの曲と

触れ得ない機会損失や、何より曲を知って改めてCDを購入する機会も奪う

はずで、逆に損ばかりでは?



※詳細はこちらから






















posted by 情報インベスター mitsutomi at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

受動喫煙による「煙害死」などによりますます肩身が狭くなる喫煙者…たばこはやはり有害か?

 体に害を与える代名詞とされるたばこ。近年の健康ブームや受動喫煙によ

る「煙害死」の問題などにより禁煙が広がり、喫煙者は肩身の狭い思いとな

り喫煙者は減少傾向です。


 しかしながら、ある統計によれば禁煙者が増えるも肺がん患者は減少して

おらずその関連性に疑問視の声もあり、果たしてたばこは本当に健康に害な

のか?



※詳細はこちらから












posted by 情報インベスター mitsutomi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

高齢化が深刻となる引きこもり…家族共倒れの危険性もあるなど、その悲惨すぎる状況とは?

 仕事や学校に行かず、家族以外とほとんど交流しない「引きこもり」。

 当然長期化すると抜け出せなくなることに加えて家族への危害、共倒れの危

機といった大きな社会問題となっています。



※詳細はこちらから



















posted by 情報インベスター mitsutomi at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする