2013年06月21日

共産党も手に負えず…中国に今なお存在する「人心売買」という闇の歴史

 人身売買ブローカーと専門集団が存在するという中国は、どの


時代であれ人身売買の記録が登場するほど、闇の歴史が存在し


ています。


 海外から忠告など耳に傾けられないのは共産党さえ手に負えな


いほど人身売買ビジネスが成り立っているほど。




 あまりの非人情的な扱いにはさすがに嫌気が差します。






※詳細はこちらから



posted by 情報インベスター mitsutomi at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(海外関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

偉大な投資家ウォーレン・バフィット氏の後継者は果たして?

 偉大な功績や実績を残した人の後を継ぐことは容易ではなく世襲


で片付けられるものでもありません。特に投資という個人の才能が


大きくモノを言う世界で、しかも世界一と称されるウォーレン・バフィッ


ト氏の後を引き継ぐのは相当に難しい。




 しかし、年齢も80歳を超えて時間もないだけに…




※詳細はこちらから


posted by 情報インベスター mitsutomi at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(海外関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

裸になれば芸術!?中国で盛んな行為芸術

 日常的な空間で非日常的行為をしてみせることで精神の変

革もたらすことを目的とする、「行為芸術」と呼ばれるパフォー

マンスが盛んな中国ですが、裸になっているだけで、これが

芸術と呼べるかどうかといえば‥


※詳細はこちらから
posted by 情報インベスター mitsutomi at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(海外関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

「米国育ち」犯行に衝撃‥「ボストン爆破テロ事件」容疑者の見えない心の闇

 死傷者170人以上を出したボストン連続爆破テロ事件。容疑者で

あるチェンチェン人兄弟の米国の暮らしぶりや人柄が明らかになる

に連れ従来の対策が通用しないことを浮き彫りにしました。



 なぜ米国で育った若者がこんな犯行に及んだのか?




※詳細はこちらから


posted by 情報インベスター mitsutomi at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(海外関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

SARS同様、猛威を振るう「鳥インフルエンザ」の感染源、経路は中国ゆえに解明は困難か?

 4月6日までに16人、死者は6人と猛威を振るう鳥インフルエンザは


ヒトへのパンデミック(世界的大流行)を引き起こしやすいタイプに変異


しているなどが命に関わるため世界で不安が広がりますが、未だに感


染経路などは未だ不明。



 これも隠蔽体質と危機感が低い国民性の中国だけに最後まで解明


は困難か?





※詳細はこちらから


posted by 情報インベスター mitsutomi at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(海外関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする