2018年03月21日

辛い病状だけではなく経済負担も重くなる「若年性認知症」



 30〜40代にもなると急激に進む記憶力の低下ですが、「あれ」

「それ」といった指示語の頻度が増えるたびに認知症のリスクが

高くなるとされ、さらに物忘れが激しくなれば若年性認知症の危

険性があります。


 若い人の認知症の多くが脳血管性認知症やアルツハイマー病と

されており、適度な運動が認知症リスクを軽減させます。



※詳細はこちらから































posted by 情報インベスター mitsutomi at 15:51| Comment(0) | まとめ記事(障害、認知症、精神疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

心の病気を持った人=メンヘラ男の特徴

 うつ病気味だったり、ノイローゼ気味だったり、心に問題を抱えてい

る人を、メンヘラと呼ぶようになり女性によく聞かれる言葉も男性にも

メンヘラは多いようです。男女とも精神的な病を抱え内面的に問題が多

いは共通のようです。


※詳細はこちらから
























posted by 情報インベスター mitsutomi at 21:40| Comment(0) | まとめ記事(障害、認知症、精神疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

対人関係でトラブルが多い!境界性パーソナリティ障害の特徴とは?

 気分の浮き沈みが激しく、感情をコントロールすることが苦手なために

人間関係でトラブルを起こしやすい精神疾患です。


 原因には幼少期における母子関係にあるとされ、自己否定から対人関係

が不安定となり、相手が悪いと思い込みことでトラブルに発展しやすくな

るようです。ただし、決して治らない病気ではないのが救いです。


※詳細はこちらから















posted by 情報インベスター mitsutomi at 20:26| Comment(0) | まとめ記事(障害、認知症、精神疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

ストレス社会だけに必見!精神的にきついとき、疲れたとき、どう乗り切った?

 ストレス社会だけに精神的疲労に誰もが襲われる社会。そのままの状態でいる

と悪化の一途を辿り、うつ病などの精神疾患を患ってしまいます。


 そんな状況でも精神的疲労やきついさから乗り切った人も少なくありません。

彼らはどう乗り切ったのか?参考になるはずです。


※詳細はこちらから















posted by 情報インベスター mitsutomi at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(障害、認知症、精神疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

認知度広がり増加傾向の発達障害 しかし彼らの理解はまだまだ不十分

 今や約15人に1人の可能性があるとされる発達障害は自閉症、学習障害、

ADHD(注意欠如多動性障害)などの病気の総称です。


 発達障害の認知度や理解は以前に比べて広がる一方ですが、未だに身勝手

やわがままなど偏見で見られる人も多いのが現実。

 大人でもある発達障害の理解を広げ実情を知ってもらうことが大事です。



※詳細はこちらから














posted by 情報インベスター mitsutomi at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事(障害、認知症、精神疾患) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする