2017年02月28日

睡眠の質を高め、快眠を得るための寝具のポイントとは?

 快眠を得る方法として最も気軽にできるのは寝具の見直しです。

 睡眠中は汗をかいたり、代謝が下がったり、寝返りを打ったりと、身体

には大きな変化が起こっていますので、その対応をしてもらう寝具の役割

は想像以上に大きい。

 枕や布団が合わなければそれだけストレスを生み、不眠の原因にさえな

ってしまうのです。


※詳細はこちらから










posted by 情報インベスター mitsutomi at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | NAVERまとめ(睡眠・不眠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

寝過ぎが続くのは心身のトラブルの表れ!「過眠症」の考えられる原因とは?

 睡眠は質が大事であり、長くても短くても体には悪影響を及ぼし

ます。睡眠時間が長くなってしまうのは大半が疲労の蓄積からくる

ものですが、睡眠時間が十分なはずなのにも関わらず倦怠感やだる

さ、日中に眠気がおそってくる場合には過度のストレスや過眠症、

非定型うつ病などの精神疾患による原因が考えられます。


※詳細はこちらから











posted by 情報インベスター mitsutomi at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NAVERまとめ(睡眠・不眠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

睡眠ホルモンの一種であるメラトニン  睡眠の心強い味方に

 私たちを眠りに導いてくれる睡眠ホルモンの「メラトニン」。

その分泌量を増やすことができれば、睡眠障害で悩む人たちに

とっての心強い味方にもなります。


 しかし、現代の生活スタイルにはメラトニンの分泌をさまた

げるものがたくさんありますので注意が必要です。



※詳細はこちらから











posted by 情報インベスター mitsutomi at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | NAVERまとめ(睡眠・不眠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

深刻な影響を及ぼす子供の睡眠障害〜自閉症やADHDなどの発達障害の二次障害

 睡眠に悩みを抱え、病院に駆け込む子どもたちの数は年々増

加しています。その多くが部活動や塾が深夜・早朝にまで及び、

真面目に打ち込む子どもほど睡眠障害に陥っているようです。


 また自閉症やADHDなどの発達障害の二次障害として睡眠障害

が起きていることが多いとされています。


※詳細はこちらから











posted by 情報インベスター mitsutomi at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NAVERまとめ(睡眠・不眠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

睡眠障害の一つ、過眠症「ナルコレプシー」の特徴と治療法は?

 睡眠障害のひとつで情動性脱力発作、金縛り、悪夢といった症状が

あります。しかも時間や場所を選ばずに眠りに入ってしまう発作のた

め、交通事故に遭ったり、作業ミスを起こすなど通常勤務に支障をき

たすします。


 その結果、失職や周囲に理解されないなど精神的負担が大きく、さ

らに悪化に陥ることが多くなるようです。




※詳細はこちらから













posted by 情報インベスター mitsutomi at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | NAVERまとめ(睡眠・不眠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする